Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Sponsored links
暮らし三ツ星カレッジ
モラタメ
アクセスカウンター(新)
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
プレスブログ & レビューブログ


無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
Recommend
ふたつの名前
ふたつの名前 (JUGEMレビュー »)
松村 比呂美
お友達の比呂美さんの最新作。とにかく読まされてしまいますよ。
Recommend
いのちの童女人形
いのちの童女人形 (JUGEMレビュー »)
竹原 淑恵
私が編集協力をした明治生まれの祖母の本です。皇族の某様も気に入られたという人形の写真と彼女の生い立ちを描いた本です。
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
この小気味よさ! いいですね〜。
趣味は読書。
趣味は読書。
斎藤 美奈子
 斎藤美奈子さんは色々な雑誌のエッセイで散発的にお目にかかるものの、書籍としてまとまった形で読むのは多分、お初かと思います。

 この本では何十万、何百万と版を重ねたいわゆるベストセラー本、話題の本の読者は「善良な読者」と規定して、その上で、最近の本の分析をしてるのであります。

 まず、目次を見た瞬間、こりゃ、結構くせがありそうだぞ〜と期待感をふくらませるのでありますが、中を読んでさらに納得。

 いや〜、現代の古老と冠されてしまった(日野原先生のような実際に90歳を越えた方はもちろんですが、石原東京都知事や、毒舌な哲学者の中島義男先生なども、しっかり古老ジャンルのようです)人々の著作や、ワイドショーの俎上に乗るタレントさん(江藤淳さんもここではしっかりそのジャンル入りである)などなどの本をばっさばっさと痛快に切ってますわ。

 意外に好評なのが、歴史の見方に疑問を投げかけた「謎解きの楽しさ」を教えてくれた「国民の歴史」。これは本来の読者層となるべき人たちを政治色の強さから遠ざけた残念賞ものなんだそうでしてあります。また、日野原先生は経歴を見ても仕事を見ても、文句のつけようがないそうであります。

 が、ハリポタは、ファンタジーだの少年少女小説のいいとこどりのごった煮ってのは私も思った通りだったし、永遠の仔がアダルトチルドレンのお話だってのは私も思ってたぞ〜と言う部分を著者が、もっと言葉巧みに説得力いっぱいに書いてくれてるので、もう嬉しくなっちゃうのでありますよ。

 ちょうど肩こりの部分を、あるいはかゆくて仕方ないけど手が届かない部分を、誰かの手を借りてもんでもらったり、かいてもらったりして「ああ、そこそこ、そこだよ〜」と言う、あれと同じような気分を味わわせて貰えますな〜、この本。

 著者は「私は邪悪な読者」と自称しているくらいなので、ほぼ共感しつつ読んでる私も邪悪なんだろう。よって、善良な方々にはカチンと来る内容である可能性大です。

 で、一番笑えるのは、どっか〜んという数字をはじき出せない、危うい出版社となってしまった版元の平凡社の状況をちらちら書いているところ。それを出版させる平凡社もなかなか肝が据わってるぞ〜、と大いに好感度アップである。
posted by: kaikoizumi | お気に入り本 | 16:21 | comments(4) | trackbacks(4) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 16:21 | - | - |-
甲斐小泉さん はじめまして。ハリポタについてのご感想を拝見し、そうだそうだと大きくうなずいてしまいました。

1巻から5巻までとおして読みました。1〜3巻まではそれなりにおもしろかったのですが、4、5巻はわたしにはちょっと……でした。

ファンタジーにしてはワクワク感が足りず、少年少女小説(ヤングアダルトというのでしょうか?)にしては深みが足りず……特に5巻はハリーがずっとイライラし続けていて、読むのがつらくなるほどでした。

今はナルニアを読んでいます。明日から『朝びらき丸 東の海へ』を読む予定です。一番好きなのはこのあとの『銀のいす』、泣き虫だったジルが変わっていく過程に惹かれます。

斎藤美奈子さんのご本も読んでみたくなりました。

長々と失礼いたしました。ではまた!
| 如月 | 2004/06/28 2:07 AM |
如月さん、コメントありがとうございます。

私の場合、そう言いながら、ハリポタもまた出れば読むのでしょうけれど(笑)。

ナルニアのPB版というのがあるのですね。
あまり挿絵がないようですね。
ナルニアの良さはダイアナ・ベインズさんの挿絵に
よるところも大きいと思っています。

(彼女が挿絵を描いたという事だけで買ったのが
トールキン小編集。それで遅まきながら
トールキンとルイスのつながりを知ったのですが、
それも今を去ること、ず〜っと以前となります)

どの1冊をと言われると困るのがナルニアかなと
思います。もちろん、最初の1冊がわくわくで
次々に父に買って貰ったので「ライオンと魔女」
は印象的ですが。

朝びらき丸も好きだし、銀のいすも好き。
馬と少年も。それから魔術師のおいはディゴリーおじのキャラクターがなんとも言えないですね(ジェイディスも!)。

カスピアン王子のつのぶえでは、すっかり変わってしまった
ナルニアで、皆が方向を誤りそうになった時
ルーシィだけが正しい方向を歩み、
ライオンと魔女では裏切り者になったエドマンドが
支持したのが印象的ですね。ミラースとの試合の
時の貴族のふるまいは、むかむかしましたが。
また、同様に毛ザルのヨコシマも嫌いでしたが、
銀の椅子で出て来た時の翁が、太陽を搾り取る
シーン。辛い別れの後の楽しい出会いは
印象的でした。

「何百年もの時を経て冗談を言い合う楽しさ」
味わってみたいですね。

あああ、ナルニアについて書き始めると
きりがなくなります。(^^ゞ


| 甲斐小泉 | 2004/06/28 11:34 AM |
『朝びらき丸〜』を読み始めています。船の用語は岩波少年文庫で確かめながら読んでいます(^^;)

わたしの持っているPBは7巻全部収録されていておトクなのですが、さし絵が少ないのが困りものです。見開きの半分しか入っていないことに気づいたときには泣きそうでした。

さし絵は、こどもにという名目で買った岩波少年文庫で確認しています。ため息をつきながら……。今さら買い替えるのもしゃくなので。

PBでも1冊ごとのものだとさし絵はちゃんと入っているようです。

と書いてしまうと、やっぱり買い替えたくなってしまいます(^^;) 本に関しては節約できずにいます。家計を圧迫しているのはわかっているのですが、やめられません(^^;)
| 如月 | 2004/06/29 9:20 AM |
如月さん、こんばんは。

正直に告白します。最初PB版というのが分かりませんでした。
プライベートブランド?と思ったら、ペーパーバック
だったのですね。

我が家にもパフィンの1冊ごとのがあります。
紙はざらざらですが、挿絵はちゃんとついていますね。

でも、やっぱり岩波のしっかりバージョンの
独特の香り(もはや薫らなくなってしまいましたが)
がいいです。

最初本をひもときながら、ロンドンの長屋の
秘密のスペースで本を読むジルの気持ちがよく
分かった気がしました。
| 甲斐小泉 | 2004/06/30 7:17 PM |









この記事のトラックバックURL
http://kaikoizumi.jugem.cc/trackback/104
トラックバック
2004/09/16 8:55 AM
Counter: 1804, today: 3, yesterday: 50 斎藤美奈子 † 名前:斎藤美奈子(さいとうみなこ) 【blogmap、はてなキーワード、bk1、Google(斉藤美奈子|齋藤美奈子)】 生年月日:1956年4月 出身地:新潟県新潟市 受賞歴:『文章読本さん江』で第一回小林秀雄賞
PukiWiki/TrackBack 0.1
2005/03/05 8:30 PM
Counter: 9678, today: 47, yesterday: 69 斎藤美奈子 † 名前:斎藤(さいとう)美奈子(みなこ) 【blogmap|ウィキペディア|はてな|bk1|Google(斉藤美奈子|齋藤美奈子)】 生年月日:1956年4月 出身地:新潟県新潟市 受賞歴:『文章読本さん江』で第一回小林
PukiWiki/TrackBack 0.1
2007/03/21 7:39 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-
2008/01/23 8:19 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-